映像制作は●●するための手段

   

Pocket

こんにちは!
映像ディレクターのきむらゆういち(きむにい)です。
プロフィールはこちら

高校卒業後、映像制作の世界に入って
はや20年。。

映像制作やら、テレビ番組やら、といった
業界に長いこといるわけですが、
最近は学生たちとの関わりも多くて
学生たちに「なんで今の仕事(映像制作)をしてるんですか?」って
よく聞かれます。

就活中の学生や、これから就活スタートさせる
学生たちはホントよく聞いてくる。
興味を持つことはいいことだよね!

で、ボクが映像制作をずーっとやっているワケは、
ホントは「伝える」仕事がしたいんだよね。

映像はそのための手段、ツールなんです。

みんながまだまだ知らない「コト」や「モノ」、
「ヒト」や「会社」など、どんどん伝えて繋いでいきたいなって。

映像だったら、文字や写真よりも沢山の内容を伝えられる。

そして、より”伝わる”為に大事なのが
「ココロ揺さぶること」なんだと思います。

人は、笑ったり、泣いたり、怒ったり、喜んだり・・・

様々な感情をもちます。

その中で、笑ったり、泣いたり
を映像制作を通してできたらなって
思うわけです。

人は、そんな感情をココロに持つと、
人に伝えたくなるんです。

そういうもんなんです。

 

16174511_1195647993818347_8545468832598462041_n
写真は昨年末のZeppNagoyaにて。
S-DREAMのプロデューサー ていさんが撮ってくれた、
結構お気に入りな一枚。

Pocket

The following two tabs change content below.

喜邑 雄一

映像ディレクターS-DREAM株式会社
1979年名古屋生まれ/S-DREAM/映像ディレクター/イベント演出/MV制作/企業紹介や採用映像、CMやライブ映像の企画・演出・制作を担当。プロモーションのお手伝いも。芸能人や大手企業の映像制作や演出も手掛ける。アイドルユニットdela 映像・プロモーション担当/テレビ、ラジオ、新聞での出演も。ウクレレ・沖縄好き 愛称はきむにい。

最新記事 by 喜邑 雄一 (全て見る)

 - SNS, 日々のこと, 映像制作のこと , , , , , , , , ,